ニューヨークのセントラルパークのすぐ近くに、
有名な美術館があります。

その美術館が、日本で展示会を開きました。

都内に用事があったとき、
たまたま、それをやってる近所を通りました。

夕方だったので、チケット売り場で聞いたら、
ビミョーだけどまだ時間がある、という話。

じっくりゆっくりは無理そうでしたが、
一通り見て丸暗記くらいはできそうな時間帯でした。

それならと当日券を買って、急いで会場に向かいましたが、

「めいっぱい日本人向けにしたねー!!」でした。

ゴッホにピカソにゴーギャンにセザンヌ。
こんな「日本人の好物だらけ」の美術館のわけがない。

手持ちの中から、日本に貸していいものだけ、
それも「日本人こういうの好きでしょ」ばっかにしたでしょー!

そんな感じでした。いいけどねー。

別の国の美術館では、国宝級のを日本に貸すな!
なんかあったらどうする!と
大ブーイングが起きた逸品がありましたから。

結局、貸してもらえたみたいですが。
観に行けませんでしたが。

どうやって梱包して発送したかは、
語学番組の特集で見ました。