昨日は学校給食が始まった日で全国各地に広がったと言われています。

私が学校給食と言いますとコッペパンですが、私が小学2年生ぐらいからごはん給食が始まりまして給食パンとご飯を交合にしてメニュー表に書いてありました。

当時の神戸市はパン給食が中心でしたがごはんを取り入れた事でおかずにも合うようになったそうです。

もちろん、カレーが出た時はごはん皿にかけて食べていました。

学校給食で一番お気に入りだったのが「マカロニのクリーム煮」でこれをチーズをかけてトースターに入れて焼くと「グラタン」になるので凄くお気に入りでした。

もちろんミートスパゲティーや焼きそばもお気に入りとでした。

私たちの時代しかなかった給食のメニューがあって「クジラのノルウェー風」など食べていましたが、最近はないのでまぼろしのメニューになったそうです。

逆に苦手な食べ物は「大豆類」でした。
特に「五目まめ」や「煮豆」が特に苦手だったので食べるのが大変でした。

クラスメートからは苦手な「五目まめ」や「煮豆」を大量に入られた思い出があって苦い思いもしました。

最近は学校給食がだいぶ変わりましてメニューもそうですがバイキング形式にしている所もあります。
故郷の食材を利用して出している所もあります。

地域によっては中学校もありましたが私は給食が小学校までだったので改めて感じています。

懐かしい味を食べてみたいと思っています。