イギリスのトリックアートで、
チョークで地面に高層ビルを描いたものがあるそうです。

ビルの屋上から下の地面を見下ろしたときの絵なので、
屋上を描いた部分に立つと、怖い。というわけ。

高層ビルの屋上から写真を撮って、
写真の引き写しを延々と描けば、できるかもしれませんが…

それをチョークですらすら描いてしまうというのは、
すごい技術です。途中で雨降ったらどうするんだろう…。

画用紙一枚で、ものすごい階段を描いたのを、
映画館で観たことがあります。

日本の商業アニメの背景画です。
見ていて目まいがしそうなくらい、深い階段。

最初は、絵を何枚か重ねて撮影したのかと思ったのですが、

紙一枚と鉛筆・透明水彩だけで、
すごく深い奥行きを表現したらしいのです。

階段が主役と言ってもいいようなストーリーで、
それだけに、階段の描写は見ごたえがあります。
こう描くといいのかーと。

もっとも、とてもマネできませんが。

優れた石膏デッサンが出てくる映画でもあり、
よくよく鍛錬した人が参加してたようです。