笑点の司会

先日の日曜日の夕方。

どれくらいの人が見ていたのかな、感心を持っていたのかなと気になるところです。

笑点の歌丸さんの司会勇退、そして新しい司会の発表がありましたね。

50周年の節目の年であったりと、スペシャルと題して連続で組まれていたのでニュースでも大きく取り上げられていましたね。

実をいうと、私自身はあまり興味がなかったんです。

笑点をみていたのは実家にいた小さい時の話で、大人になって日曜のその時間は働いていたし。

旦那さんが好きだったみたいで、1週間前の笑点を一緒にみる機会があったんですよね。

そしたら面白くて。さらには一昨日の番組は生放送もありでという話も聞いて思い切ってみてみました。

ミーハーではありますが、司会は誰になるんだろう?というのはやっぱりずっと気になっていました。

これだけネットが普及している中で、リーク記事も含めて出てこなかったのはさすがですね。

正直、落語のことは全然詳しくないのですが世代交代といいますか、また新しい空気でのスタートになるんでしょうかね?

次週は新メンバーも発表されるそうなのでそちらも気になります。

子供連れ

出先で子供連れの人に目がいくようになりました。

今まではそんな事なかったから、これも妊娠のせいなのかな~と。

正直にいってしまえば、子供は苦手。他人の子供に興味がないというのが本音で。

よく電車内とかで可愛い~みたいな光景をみるけれど、そうかな?とわりとドライなタイプです。

甥っ子や姪っ子もいないですし、弟と年が近いので同じ感じで成長してきているので、あまり身近に小さい子がいたことがないんですよね。

子供が可愛いという感覚はありますよ?嫌いな訳ではないので。

でも友人が良い例なんですが、「うちの子供可愛いでしょ?」という態度の親が横にいる子供が世の中チラホラいるな~と。

走り回っていたり、大声出していたり、ある程度は子供だからで済ませますけれど、注意しないのは別ですよね?

そういったシーンを見るたびに、私はああはならないようにしようと反面教師です。

毎回怒鳴っているママになるのも問題だけれど、可愛い子供の為に誰もがそれを許してくれると思ったら大間違いだなと感じるこの頃です。

マタニティマーク

いざ自分がつけてみると、ありがたみが良くわかりますね(>_<)

電車の中でマタニティマークの人を見かけたら、出来るだけ席を譲ってきた(つもり)ではあるんですがこれってなかなか勇気がいるし、座るかな?どうかな?とか考えているうちに妊婦さんが降りてしまったりもして。

いざ自分が妊婦さん側になってみて、マタニティマークは何かあった時用につけている程度で、「妊婦なんで席譲って下さい」のマークだとは決して思ってないです。(まあそんな人は一握りだと思うけど)

でも有り難いことに、何人かの方から「どうぞ」と席を譲って頂けることがあって、とても感動しました。

全く知らない人同士なのに、こうして優しくしてもらえるって嬉しいことですよね。

同年代かそれよりも若い人にそう言ってもらえることが多かったんですが、サラリーマンの方とか仕事でお疲れの中で、そうやって周りに気遣いできるなんて凄いな~と。

どうしても電車に乗らなきゃいけない時はあるし、立っているのが辛いときもあったので、気づいて下さった方には本当に感謝ですし、自分もそういう機会があったら今後はちゃんと声をかけたいと思いました。