嬉しい悲鳴があるが

今年の広島カープは強いですが、交流戦に入ってから苦戦をしています。

うれしい悲鳴があるのです。

それは獲得した外国人選手の活躍なのです。
特に打者が活躍をしまして監督やコーチには悩んでしまうよな事態になったのです。

活躍しても次の日に登録抹消になるのです。
日本のプロ野球には外国人選手に関して規制があるのです。

1軍は3人まで登録を認められています。

つまり、打者2人投手1人や投手2人打者1人でも良いのです。
もちろん、投手だけとか打者だけで登録をしてもいいのです。

これが監督の悩ませています。

普通なら不調でファームで調整をして抹消にしています。
広島カープは獲得した外国選手が全て活躍しているので頭が痛いそうです。

今年は獲得した球団も同じかと思われていますが違うそうです。

日本の球団で獲得して他の球団に移籍した外国人選手も活躍しています。
慣れているので調子もいいかも知れません。

しかし、5月に巨人、DeNAがカリブの野球大国キューバから選手を獲得した事で活気になると思われています。
一足先に巨人入団したキューバ人が出場していますが、まだ慣れてない所もあって大変だと思っています。

もう一人の先週は間もなくですが試合に出場をする事になるのです。
他の球団にも入団するのではと思われましたがまだ、わからない状況なのです。

ケガをした選手もいるのでわかっていたと思われています。

交流戦も後半戦が昨日から始まりまして更に面白くなると思われています。
これからドーム球場以外は中止になる事が多くなります。

どんな展開をなるのが気になっています。